みやびにっき

旅の記録とか

春の房総半島・三浦半島へ行ってきた Part.3 (@神奈川県横須賀市)

Part.3は横須賀観光についてです。

久里浜港に着岸したあと、京急電鉄に乗って馬堀海岸駅、そこからバスに乗り観音崎へ向かいました。

観音崎砲台跡

観音崎自然博物館前のたたら浜園地から、よく整備された山道を登り、観音崎砲台跡へ。

f:id:dreamsoliste:20210423180650j:plain f:id:dreamsoliste:20210423180654j:plain f:id:dreamsoliste:20210423180659j:plain f:id:dreamsoliste:20210423180646j:plain

横須賀周辺には他にも砲台跡が点在してるみたいです。猿島とか行ってみたいです。

観音崎灯台

f:id:dreamsoliste:20210427121329j:plain f:id:dreamsoliste:20210427121325j:plain

ここから東京湾を出入りする多種多様な船が見られます。クソでかい望遠レンズで船を撮ってる人がいました。そういう趣味もあるんだなぁ。

f:id:dreamsoliste:20210427121654j:plain

海沿いの散歩道。

f:id:dreamsoliste:20210427121350j:plain

先っちょに見えるのは、観音崎水中聴測所。潜水艦のスクリュー音を警戒していた場所です。防衛施設敷地内のため一般人は近づけません。

三笠公園

なんか船の艦橋(?)のところが工事中でした。ざつ旅現象ですね。こういうのも悪くない。

f:id:dreamsoliste:20210427121447j:plain

閉館時間30分前ギリギリで入場したのであまり内部を見学できませんでした。また今度じっくり見学したいですね。

f:id:dreamsoliste:20210427122155j:plain f:id:dreamsoliste:20210427122136j:plain f:id:dreamsoliste:20210427122207j:plain f:id:dreamsoliste:20210427122159j:plain f:id:dreamsoliste:20210427122147j:plain f:id:dreamsoliste:20210427122151j:plain f:id:dreamsoliste:20210427122204j:plain f:id:dreamsoliste:20210427122139j:plain

そんなこんなで、房総半島と三浦半島の旅が終了。犬吠埼、野島崎、観音崎の3つの灯台を巡ったり、太海の港町の景色を楽しんだり、電車、バス、フェリーの各種交通機関で移動したりと、個人的に大満足な旅行でした。

おしまい。

春の房総半島・三浦半島へ行ってきた Part.2 (@千葉県鴨川市・南房総市・富津市)

旅行2日目です。

太海の日の出

まずは日の出を拝もうというわけで、朝の4:30に起きました。

夜が明け始めたばかりの、この時間帯の静寂な雰囲気が好き。。(防寒着を持ってきていなかったせいでとても寒かったけど)

f:id:dreamsoliste:20210419215016j:plain f:id:dreamsoliste:20210419215024j:plain f:id:dreamsoliste:20210419215020j:plain

仁右衛門島に来ました。空気が澄み渡ってて、天気も良く、最高の日の出を拝むことができました。

f:id:dreamsoliste:20210419215116j:plain

香指神社からもきれいな朝焼けを拝みました。海が見える神社最高!

f:id:dreamsoliste:20210419215223j:plain

つづいて太海浜の方へぶらぶらと散歩してました。

f:id:dreamsoliste:20210419215302j:plain f:id:dreamsoliste:20210419215306j:plain

宿のチェックアウトを済ませ、太海6:21発の上総湊行を待ちます。暇つぶしに駅構内へ。なんか18きっぷのポスターとかで使われてそうな良い雰囲気ですね。

f:id:dreamsoliste:20210419215422j:plain f:id:dreamsoliste:20210419215425j:plain

野島崎へ

またまたE131系。これに乗って館山駅へ向かいました。

f:id:dreamsoliste:20210419215456j:plain

もともとの209系は4両or6両編成で運転士・車掌が2人で乗務してたのですが、E131系に置き換わってからは2両編成ワンマン仕様になってしまいました。新型車両が投入されたとはいえ、地元の人たちにとってはあまり喜ばしくないのではと推察してしまいます。

車窓から見えた海上橋です。満潮になったらいい感じに海に浮かぶ橋になりそうです。

f:id:dreamsoliste:20210419215515j:plain

館山駅からはバスを使い、野島崎灯台へ向かいました。

f:id:dreamsoliste:20210419215541j:plain

野島崎灯台の営業開始まで時間があったので、周辺をぶらぶら。

灯台を少し西へ行ったところの岩の上によさげな神社がありました(渚弁財天祠という名前らしいです)。ここからは灯台もよく見え、この祠の赤色が青空に映えて風光明媚でした。

f:id:dreamsoliste:20210419215617j:plain f:id:dreamsoliste:20210419215613j:plain

波打ち際の岩々。

f:id:dreamsoliste:20210419215655j:plain f:id:dreamsoliste:20210419215651j:plain

房総半島最南端に来ました。こういう「端っこ」に行くのが好きなんですよねー。

f:id:dreamsoliste:20210419215854j:plain

「端っこ」にありがちな恋人ベンチ。恋人と座って海を眺めたい人生でした。。

f:id:dreamsoliste:20210419215857j:plain f:id:dreamsoliste:20210419215901j:plain

そうこうしてるうちに灯台の営業が始まったので早速登ってきました。

f:id:dreamsoliste:20210419220019j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220023j:plain

野島崎灯台は第二等閃光式フレネルレンズを搭載する灯台です。けっこう古くからある灯台で、日本の洋式灯台としては観音崎灯台に次いで2番目のものです。

また現在の灯台は2代目で、1代目はヴェルニーが設計した煉瓦造りの灯台でしたが、関東大震災によって倒壊してしまったそうです。

ここでも太平洋を一望できました。

f:id:dreamsoliste:20210419220053j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220103j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220059j:plain

館山駅に帰ろうと思ったら、なぜかバスの時間を間違えて乗り損ねてしまい、時間が余ってしまいました。そこで徒歩30分ほどかけて眼鏡橋の方へ向かいました。行きのバスの車窓からちらっと見えて気になっていたところです。

f:id:dreamsoliste:20210419220133j:plain f:id:dreamsoliste:20210419221141j:plain

比較として長崎県眼鏡橋の写真を置いておきます。

f:id:dreamsoliste:20210419220411j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220407j:plain

眼鏡橋周辺の風景。一足早く"概念の夏"を堪能しました。

f:id:dreamsoliste:20210419220503j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220507j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220616j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220620j:plain

交通機関を乗り継いで久里浜

感傷に浸るのもほどほどにして、バスに乗って館山駅内房線に乗って館山駅から浜金谷駅、そして東京湾フェリーに乗り金谷港から久里浜港へ向かいました。

船が出港するとき、手を振ってくれる人に振り返したりしてました。こういうの大好き。

f:id:dreamsoliste:20210419220836j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220832j:plain

東京湾を航行する数々の船を眺めつつのんびりしてました。空と海の青色には日本国旗が映えるなぁ。

f:id:dreamsoliste:20210419220845j:plain

40分ほどで久里浜港へ到着しました。けっこう早い。もうちょっと船旅を堪能したかったですね。

f:id:dreamsoliste:20210419220906j:plain f:id:dreamsoliste:20210419220903j:plain

改めて船旅の良さに気づかされたので、今度は長距離のフェリーにも乗ってみたいです。伊豆・小笠原諸島の方とか北海道の方へ行きたい。

ここで Part.2は終わります。

春の房総半島・三浦半島へ行ってきた Part.1 (@千葉県銚子市・鴨川市)

この記事が初投稿になります。今までブログを始めても長続きしなかったので、今度こそは継続して投稿していきたいですね。

4月10日から11日にかけて、千葉の房総半島や横須賀のあたりを電車とバスとフェリーで旅行してきました。この記事では1日目を取り上げたいと思います。

銚子観光

銚子駅(ここでレンタサイクルを借りた)→河岸公園→丼屋七兵衛→犬吠埼灯台犬吠駅(ここでレンタサイクルを乗り捨て)→銚子電鉄銚子駅という流れ。

河岸公園。利根川がでかいってことを改めて認識させられました。

f:id:dreamsoliste:20210418003036j:plain

つづいて前から行きたかった地魚料理のお店、丼屋七兵衛へ。

f:id:dreamsoliste:20210418003129j:plain f:id:dreamsoliste:20210418003320j:plain

「極上サバの漬丼定食(¥1300)」を注文しました。鯖って青魚特有の臭みがあって、寿司屋とかに行ってもあんまり食べたことが無かったのですが、ここの鯖は今まで食べた鯖の中で一番おいしかったです。 f:id:dreamsoliste:20210418003259j:plain f:id:dreamsoliste:20210418003403j:plain

そのあとはレンタサイクルをえっちらおっちら漕ぎながら犬吠埼灯台の方へ。道のアップダウンが激しくて、電動の自転車なのにけっこうつらかったです。

f:id:dreamsoliste:20210419133851j:plain

犬吠埼灯台は第一等フレネルレンズを搭載する日本に五基しかない大型灯台の一つ。階段は九十九里に合わせて99段です。

f:id:dreamsoliste:20210419133846j:plain

資料館の展示物が結構豪華でした。第一等フレネルレンズが2基も展示されてました。

f:id:dreamsoliste:20210419133908j:plain f:id:dreamsoliste:20210419142837j:plain

展望台からは太平洋が一望できます。

f:id:dreamsoliste:20210419133940j:plain f:id:dreamsoliste:20210419133947j:plain f:id:dreamsoliste:20210419133944j:plain

灯台がある海成段丘を下って海岸の方へ行きました。

f:id:dreamsoliste:20210419134103j:plain

この辺りは銚子だけに1億年以上前の古い地層が顔を出しているらしいです。東映のOPに出てくる波打ち際の映像はここで撮られたものですね。

f:id:dreamsoliste:20210419134059j:plain

銚子電鉄犬吠駅。ここでレンタサイクルを乗り捨てました。

f:id:dreamsoliste:20210419134252j:plain f:id:dreamsoliste:20210419134256j:plain

なんかおった。

f:id:dreamsoliste:20210419134300j:plain

変わった雰囲気のホーム。

f:id:dreamsoliste:20210419134304j:plain

電車の車内に入った瞬間マジで変な声を出してしまいました。

f:id:dreamsoliste:20210419134453j:plain

マスクをしてるチーバ君。千葉県民は東京に出るな入るなという風刺なのでは?

f:id:dreamsoliste:20210419134450j:plain

そのまま銚子駅へ戻り、総武本線東金線外房線と電車を乗り継ぎ、今回の宿泊地である太海駅へと向かいます。

太海駅へ

新型のE131系。2両編成なのでそれなりに混雑してました。

f:id:dreamsoliste:20210419134542j:plain

太海駅へ到着しました。駅舎の雰囲気が好きすぎる。

f:id:dreamsoliste:20210419134635j:plain

宿のチェックイン時間まで少し時間があったので、海岸の方へ散歩してました。 ふらっと立ち寄った神社。ここからの海の景色がとても良かったです。

f:id:dreamsoliste:20210419134818j:plain

階段+鳥居+海の組み合わせって最強すぎません?

f:id:dreamsoliste:20210419134822j:plain

仁右衛門島。頼朝伝説と手つかずの自然が残る小さい島です。渡船があるらしく乗ってみたかったけど今回はパス。

f:id:dreamsoliste:20210419134858j:plain

こういうのどかな港町が好きすぎる。

f:id:dreamsoliste:20210419134918j:plain f:id:dreamsoliste:20210419134923j:plain

つげ義春の「ねじ式」って作品の舞台になったとこらしいです。見たことはないけれど。Amazonで中古で売ってるのを発見したので、買ってみるのもありかも。

f:id:dreamsoliste:20210419134937j:plain f:id:dreamsoliste:20210419135012j:plain

今夜の宿『民宿 はやし』へ。外観の感じだと中も古いのかなと思ってたら、想像に反して綺麗でした。

f:id:dreamsoliste:20210419134955j:plain f:id:dreamsoliste:20210419135221j:plain f:id:dreamsoliste:20210419135217j:plain

魚料理が美味しかったです。ボリュームも十分。こういうのでいいんだよ。

f:id:dreamsoliste:20210419135226j:plain

田舎の親戚の家に泊まりに行ったような、どこか懐かしい雰囲気がとても良かった。今度千葉に行くときにも泊まりたいですね。

とりあえずここでいったん記事を終わります。見てくださった方はありがとうございました。今後も継続して投稿していきたいと思います。